コロナウィルスには電解水が効果的あり!使い方や購入場所をご紹介!

コロナウィルス 電解水

 

新型コロナウィルスがいまだに猛威を振るっており、いつ終息するのか見通しが全くない状態で、不安な毎日を送っているかと思います。

コロナウィルスには外出を控えるのが一番ですが、食料調達や病院へ行かなければいけなかったり、仕事が休めなかったりする方が多いと思います。

今できる予防策としては、外出時にはマスクを、石鹸での手洗い、手指消毒用アルコールでの消毒を行い、できる限り混雑した場所を避けるなどがあります。

ですが、消毒用アルコールが不足していたりし、代用品として電解水(微酸性電解水)が注目されています。

ここではそんな微酸性電解水とは何か、効果はあるのか、電解水の使い方、どこで買えるのかをご紹介いたします。

自分の感染を防ぐことは、大事な家族などの命を守ることにもつながります。

 

※消毒用アルコール、微酸性電解水、次亜塩素酸水の使用は、あくまで「新型コロナウィルス予防対策」で、100%感染しないわけではありません。

 

新型コロナウィルスには電解水が効果あり!

 

コロナウィルス 電解水

 

新型コロナウィルス対策にアルコール消毒が有効であることは知られていますが、冒頭でも述べた通り。アルコール消毒薬の不足により代用品が求められています。

ウィルス研究・感染症の専門家、特にノロウィルスに精通していることでも著名な愛知医科大学医学部の客員教授である、元国立感染症研究所 現感染疫学センター 第六室 室長の西尾 治先生も新型コロナウィルス対策における微酸性電解水の有用性について述べています。

では、詳しくご紹介していきます。

 

微酸性電解水とは?!

 

あまり聞きなれない微酸性電解水とは一体どんなものなのか?

 

微酸性電解水とは、水に食塩または塩酸を添加し、電気分解で作られます。

殺菌活性が高い次亜塩素酸(あとで次亜塩素酸水について説明します)の比率が高いため、有効塩素濃度が10~30ppmm程度で十分な微生物殺菌効果を発揮します。

※mg/kg=ppm(百万分の一)

 

低塩素濃度なので、塩素特有の刺激臭や金属腐食性も少なく使用しやすく、食品添加物に指定されているので安心して使えます。

微酸性電解水の使い方は、簡単に言うと”かけ流し”で常に殺菌力を持った状態で使用します。

※汚れなど有機物が存在すると殺菌力が低下


使い方については???って感じですが、後でわかりやすく説明しますのでご安心ください。

 

コロナウィルスに電解水は本当に効果あるのか?!

 

コロナウィルス 電解水

 

新型コロナウィルスに対して微酸性電解水は効果があるとされていますが、果たして本当なのかが気になるところです。

正直なところ、新型コロナウィルスは昨年末に出現したばかりのウィルスなので、まだ微酸性電解水に対する効果のデータはないそうです。

 

ですが、コロナウィルスはインフルエンザと同様にエンベロープを有する構造を持ちます。

微酸性電解水はインフルエンザウィルスを短期間で不活化させることが知られており、このことから微酸性電解水は新型コロナウィルスを有効に不活化(死滅、感染性を失わせる)出来ると推定されます。

 

人に感染するコロナウィルスは4種類あり、動物のコロナウィルスも存在し、これらに代替として用いることが望ましく思いますが、残念ながらまだ検討はされていないようです。

実は、SARSやMERSのコロナウィルスは病原性が強いので、規制が厳しく通常の機関での取り扱いや検証は困難だとのことです。

 

何やら難しいことを言いましたが、手指消毒用アルコールと同様の効果はありますのでご安心を。

 

では、微酸性電解水の使い方をご紹介していきます。

 

微酸性電解水の使い方

 

コロナウィルス 電解水 使い方

 

  • 手洗いのすすぎ水として
  • ドアノブやエレベーター、照明スイッチなど、テーブル、椅子、電話機やパソコンのキーボード、コピー機など、トイレ周りの蛇口や流水レバー、便器の蓋や便座、ペーパーホルダー、ビデやウォシュレットなどのスイッチ類などに、ペーパータオルなどに微酸性電解水を十分に含ませて拭く

 

とにかく人の手に触れるものは拭きまくる。

自宅だけでなく、外出先でも使えるように詰め替えボトルに携帯して持ち歩きましょう!

 

微酸性電解水はどこで買えるの?!

 

では微酸性電解水はどこで買うことができるのか?

それは、ドラッグストアでも購入可能です。

※ドラッグストアによって取り扱いがない場合もあります。

 

通販でも取り扱いがあり、通販のほうが、外出を控えることが出来るので安心かと思います。

 

 

今話題の電解水は「次亜塩素酸水」といったほうがわかりやすいかもしれません。

それでは次亜塩素酸水について、もう少し詳しく説明していきます。

 

新型コロナウィルス対策には次亜塩素酸水

 

コロナウィルス対策

 

新型コロナウィルスに対して政府も色々と検討しているようですが、それでもどうしても外出しないといけない方が多いと思います。

食料調達するにも、買う側だけでなく販売する人たちも感染の危険があります。

体調不良で病院へ行きたい、いつものお薬をもらいに行かなければいけない、病院で働いている人たち、どうしても仕事が休めない等々、どうしても外出しなければいけない人たちが存在します。

これからご紹介する次亜塩素酸水は、個人だけでなく、働く人たちにも是非お勧めしたいアイテムです。

 

 

次亜塩素酸水とは?!

 

 

名前の似ている次亜塩素酸ナトリウムもウィルスに効果はありますが、こちらは強いアルカリ性なので、肌につくとたんぱく質が溶ける、金属を腐食させるマイナスの面があります。

次亜塩素酸水は弱酸性で人体に優しいので安心してお使いいただけます。

 

次亜塩素酸水は、人の体内でも生産され、厚生労働省は「次亜塩素酸ナトリウムとの同義性」を説明するとともに、細菌やウィルスに対して殺菌効果のある除菌水(食品添加物)として定めています。

 

次亜塩素酸水は、電解水です。

厚生労働省が定めている次亜塩素酸水とは、殺菌科の一種で、食塩水(塩化ナトリウム水溶液)や塩酸(いわゆる酸)を電気分解して作られる「次亜塩素酸」を主成分とする水溶液の事を示します。

 

厳密に言いますと、電気分解での製法やph値・有効塩素濃度が厚生労働省により定められていて、次亜塩素酸水は強酸性、弱酸性、微酸性の3つに分けられています。

漂白剤として知られている「次亜塩素酸ナトリウム(アルカリ性)」と名称が似ていますが、「次亜塩素酸水」は酸性なので、食品添加物として厚生労働省により認可されていて、その安全性が検証されていますのでご安心ください。

 

先ほど、次亜塩素酸水は3つに分けられると言いましたが、1つ1つ解説していきます。

 

強酸性次亜塩素酸水

 

水溶液中に含まれる有効塩素濃度が20~60ppm(0,002%~0,006%)で、PH2.7以下のものを言います。

0.2%以下の塩化ナトリウム水溶液(食塩水)を有隔膜電解槽で電気分解して作られます。

 

弱酸性次亜塩素酸水

 

有効塩素濃度が10~60ppm(0.001%~0.006%)、PH2.7~5.0となります。

こちらも0.2%以下の塩化ナトリウム水溶液(食塩水)を有隔膜電解槽で電気分解して作られます。

 

微酸性次亜塩素酸水

 

有効塩素濃度が50~80ppm(0.005%~0.008%)でPH5.0~6.5の範囲の水溶液です。

こちらは3%以下の塩酸および5%以下の塩化ナトリウム(食塩)を含む水溶液を無隔膜電解槽で電気分解して作られます。

※mg/kg=ppm(百万分の一)

 

このように3つに分かれていますが、このなかでも微酸性である次亜塩素酸水が最も安全で殺菌効果の高いことが厚生労働省により検証されています。

 

次亜塩素酸水は安全なの?!

 

何やら小難しいことを言いましたが、食品を使った安全性も検証され、例えば微酸性次亜塩素酸水でホウレンソウを10分間浸して有効塩素濃度を測定したところ、残留塩素は検出されなかったとされています。

 

栄養成分の影響についても検証した結果、水道水で処理した場合と比較してもそうビタミン含有量に対しての影響がないことが確認されています。

 

このことからも、次亜塩素酸水はウィルスや菌に対しては高い殺菌力を発揮しますが、食品に対しては無害で、栄養成分に及ぼす影響もないという素晴らしい結果で安全な水溶液だということなんです。

 

次亜塩素酸水はどこで買えるの?!

 

こちらはマツモトキヨシなどのドラッグストアでも購入が出来ます。

※ドラッグストアによって取り扱いがない場合もあります。

 

通販でも取り扱いがあり、通販のほうが、外出を控えることが出来るので安心かと思います。

 

ですが、いつまで新型コロナウィルスに注意しなければいけないのかがわからない状態なので、持ち歩き用でもかなりの量を使うことが予想されます。

さらには家での除菌もしたほうがより安全なので、そうなるとなるべくコストパフォーマンスが良い商品が欲しいところです。

 

そんな次亜塩素酸水にも唯一の弱点があります。

それは有効成分が数か月程度でなくなってしまうこと。

 

そこでオススメなのが、定期コース。

 

次亜塩素酸のパワーで空気の殺菌と消毒を行ってくれる「ZiACO(ジアコ)」という商品があります。

 

万が一ドラッグストアで品切れして次亜塩素酸水が手に入らない場合も、こちらなら契約すれば、よほどの事がない限りは入手不可能にはならないかと思うので安心です。

 

この「ZiACO(ジアコ)」はあの有名な「クリクラ」から出ている商品で、噴霧器を使って次亜塩素酸水を部屋中に噴霧し、浮遊するウィルスを20分で99%除去するタイプです。

定期購買はどうしても信頼出来なかったり、騙されたり強引な態度を取られるのではないかと不安になりますが、こちらの「ZiACO(ジアコ)」はTVのCMでも有名な、8年連続お客様満足度No.1のウォーターサーバーのクリクラから出ている商品なので安心です。

 

無料お試しも出来ますので、まずは試してみて気に入ったら定期コースへお申し込みもできますので安心です。

ZiACO(ジアコ)の【無料お試し】

 

新型コロナウィルスはいつ終息するか、見通しが全くない状態で不安かと思います。

外出先でも注意が必要ですが、小さなお子さんやご年配の方がいらっしゃるご家庭は自宅でも安心して過ごしたいですよね。

目に見えない脅威だからこそ、念には念を入れて予防対策をすることが、自身や大事な人の命を感染から守ることに繋がりますので、是非こちらも検討してみてはいかがでしょうか。

 

TVCMでおなじみ「クリクラ」の“新”空間除菌・消臭サービス!【ZiACO(ジアコ)】

※現在ZiACOは出荷制限中で、大量注文が殺到し新規申し込みはストップしています。

 

残念ながらZiACOは新規の申し込みが出来ない状態です。

既に契約しているお客様を優先させているからだと思います。

※あくまで個人的な見解です。

 

では次亜塩素酸水は定期購入出来ないのか?!

そこで、調べたところ、同じ次亜塩素酸水を使った「ジーア」もオススメです。今だけ超音波加湿器もプレゼント中です。(2020年5月31日まで)

超音波加湿の在庫が無くなり次第このキャンペーンは終了します。

今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア

 

こちらのジーアですが、ドラッグストアや通販などで少量で販売されている商品よりお得です。

ジーアは、お申し込み後の最初の2か月は連続して届きますが、2か月以内の変更やお休みはいつでも大丈夫です。

ただし、契約1年未満で途中解約した場合は、解約違約金が発生します。

 

そうなるとためらってしまいますが、いつになったら終息するのかわからない状態で、緊急事態宣言の期間が終わっても、コロナウィルスの危険性がなくなったわけではありません。

新型コロナウィルスのワクチン開発も活発に始動してるようですが、それが実際に私たちが使えるようになるまでどれくらいかかるのかわかりません。

そうなると1年は決して長くはないかと思います。

 

次亜塩素酸水なら除菌水ジーア

 

企業などから大量注文が殺到しているほど人気がある次亜塩素酸水。

是非、ご家庭や職場での導入を考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

タイトルとURLをコピーしました